お金をもらう

お金をもらうことに全く抵抗はありませんでした。それが、年寄りの人でも。何故ならそれだけの行為をしてあげているから。私は介護の仕事をしています。利用者さんからは「介護の職場で働く女性はみんなブスか、おばさんばかりだけど、伶奈ちゃんは可愛いね。」「ありがとうございます。」そう言っておじいさんは私の尻を触ります。私は耳元で「ここで触られたら他の職員にまた怒られちゃう。後でゆっくりね。」そう言っておじいさんの手をどけます。私は自慢ではないけれど顔とスタイルはそこそこ良いです。そして介護職で働く理由は親の介護をやっていたこともありこの経験を生かし介護職で働くことにしました。だけど、見た目のせいで職場のおばちゃんからは何かしら指摘され嫉妬されます。
別に私は気にしません。その分、おじいさんからお金をもらうから。
お金くれる

私は先ほど尻を触ったおじさんの部屋に入りました。「待ってたよ。伶奈ちゃん。」そう言って私に一万円くれました。もちろん、職員にバレたらクビになるけど、信頼できるおじいさんしかそういう関係にはなりません。

私はおじいさんの手を持ち自分の胸に触れさせました。「やっぱり若い子の肌は気持ちいいね。」「もう、人目が付くところで触ったらダメですよ。」「分かってる。」そして、次第に手は私の胸を乳首に触れおじいさんはますます興奮していました。もう、あそこは勃たないので触れるだけで満足してくれます。これだけで一万もらうからラッキーな私。これからもおじいさんにお金をもらうことを続けたいなと思いました。
愛人募集
パトロン募集

クンニされたい

確かに私、クンニされたいとは言った!言いました!
だけど、まんぐり返しでクンニされたいとは言ってない!
クンニされたいって言ったら、まんぐり返しの姿勢取らされて、それで、ペロペロなめられたの!
彼、イヤらしそうな顔して、私の顔を見ながらクンニするんだよね。
それでさーっと冷めちゃって。
クンニされたいとは言ったけど、こんな格好させられるなんて思ってなかったから、もう恥ずかしいやら情けないやら。
それにもっと我慢できなかったのは、気持ち良かったことなんだ・・・。
クンニされたい
そんな格好させられて、イヤらしそうに見つめられながら、クンニされて、それで気持よかったの。。。
気付いたら、私、ヨダレ垂らしてたもん・・・。
足の裏がじわじわするくらい、全身で感じてた、私。
だけど、まんぐり返しの姿勢がきつくなってきて、足を下ろそうとしたんだけど、彼氏が私の足をつかんで押し付けてくるのね。
体が痛いし、気持ちいいし、もうどうにかなっちゃいそうで。
このまま体が壊れちゃうんじゃないかってそんな気がしたんだ。
体の自由がきかない状態で、クンニされて、気持ち良さでぶっとんでしまいそうだった。
喘ぎ声もいつもと違う感じの声になってたし、それで彼氏も盛り上がっちゃって。
彼のそそり立ったモノが中に入ってくる瞬間、体中に電流が流れたみたいだったな。
いつもより、感じてたみたいで、締まりが良かったみたい。彼もすごい感じてた。
まんぐり返しで態勢がキツイ上に、恥ずかしいポーズ取らされてるって意識があるから、余計にいつもと違った感覚になれれたのかも?
クンニ募集
なめ犬募集

15歳女子中学生の彼氏の作り方

世の中には二種類の人間がいる。
それは、彼氏の作り方を知っている人間と知らない人間。
彼氏の作り方を知っている人間は簡単に彼氏を作ることができる。
でも、知らない人間は永遠にできない。
間違った方法を覚えてそのとおりに行動して
「どうして彼氏できないんだろう?」
と悩んでいるの。
例えるならばこれは、数学の問題を解いていると思っているのに、
実はその問題は数学ではなくて英語でしたっていうオチみたいに。
そもそもが間違っているの。
根本を間違えてそのとおりに進むと当然のごとく出来上がるものは、
まったく違ったものになってしまう。
だから、最初の一歩は好きな人を作る、
見つけることじゃなくて彼氏の作り方を知ることなの。
じゃないと、永遠にできない。私は気づいた。
私は後者で彼氏の作り方を知らない人間だったていうことに。
だから中学校生活で1回も彼氏ができたことがなかったんだ。
この事実に気づいたときは衝撃を受けたしショックだった。
だって私の中学生活はもう終わるから。でも、ポジティブに考えたの。
まだ高校生活があるって。高校生活で彼氏を作ればよいんだって。
巷ではこういう女がなんて呼ばれるか知っている。
高校デビューって呼ばれるんだよね。
なんかさ、ダサいなーって思うけど、
周りからどう呼ばれるかなんて気にしていたって仕方ない。
背景に花が飛んでいるような少女漫画を何冊読もうとも、
現実に彼氏なんてできない。
そういう漫画を読んでいるくらいなら昼ドラをみて勉強したほうがマシ。

43歳独身男性自営業の遠距離恋愛

10歳年下の彼女と出会ったのは、とあるソーシャルネットワーキングサービスでした。

最初は文字で他愛のない会話でしたが、それが毎日のように続くようになり、お互いに恋心を抱くようになりました。
しばらく経って、彼女には家庭があり結婚をしている主婦だと聞いたときは続けていく自信はなかったのですが、それを伝えたところ彼女はこのまま関係が途絶えるのは嫌だと言い、携帯にもメールが頻繁にありました。

成行き上仕方がないとも思いましたし、会って一時的にしても現実を見ればどうなるか想像もできなかったので、それから恋が始まるのか、文字の関係が終わるのかという疑問に感じながら、400キロ以上離れた彼女の住む街に車を飛ばして会いに行きました。

そして出会った二人は何のためらいもなく、男女の深い関係になったのでした。
それが何度か続いたのですが、400キロもの長距離を往復すると意外と体力も使うし、ガソリン代も無駄になる。

ということで彼女の住む街の近くにアパートを借りて毎日のように会っていました。
それからしばらくの間は毎日のように会って、幸せなひと時を過ごしていたのですが、やがて彼女の旦那に気づかれることになり、今では損害賠償請求の裁判中が1年続いています。